水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





【京都府 K 記念公園の池】
透視度の向上、アオコの抑制、水質・底質改善の目的 その後


比較

平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影



公園内にある庭園池です。
水量約5,000トン。

9月半ばに、透視度の向上、藻類の抑制、水質・底質・臭気改善の目的で簡易型環流ビオトロン方式(BT-100)の設置と、アクアリフト1600PNの投入を行いました。

平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影



長さ123メートル、水面上約10メートルに架かる歩廊橋からは、庭園内を一望することが出来ます。

橋の上からでも池底の石などがはっきり見えるほど、透明度が上がりました。

平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影







平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影







平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影







平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影



池の透視度は46センチです。

透視度は100センチを超え、以前は見えなかった橋脚の基礎の部分まで見えるようになりました。

平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影



水面近くにきた鯉の姿はよく見えますが、水中での姿ははっきりしません。

歩廊橋の上から見ても鯉の姿がはっきりとわかります。

平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影



岸からすぐに設置した環流装置は見えていますが、見通しが悪いです。

水に清涼感があり、沖の方まで見通せます。

平成30年9月18日撮影
平成30年11月20日撮影



全景:約44秒 全景:約40秒



他の角度の写真

平成30年11月20日撮影
平成30年11月20日撮影







平成30年11月20日撮影
平成30年11月20日撮影







平成30年11月20日撮影
平成30年11月20日撮影













※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。