水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





【S公園堀池】
透明度の向上、藻類の抑制、水質・臭気の改善の目的 その後


比較
平成27年7月16日撮影
平成27年12月4日撮影



公園内の堀池。
水量約8,000トン。
アオコの発生で透明度が悪く、藻臭も漂っています。

平成27年7月に簡易型環流ビオトロンBT-100型を設置。バイオ製剤アクアリフト1600PN・1600LNも設置・散布。

平成27年7月16日撮影
平成27年12月4日撮影



水面に油膜が発生し、表土剥離した藻類も吹き寄せられています。
装置設置後1ヶ月ほどで堀の底が見えるまで透明度が改善し、現在も良い状態を維持しています。油膜も改善しています。

平成27年7月16日撮影
平成27年12月4日撮影



多くの観光客が訪れる人通りの多い場所にありますが、水の透明度が悪く景観を損ねています。

透明度が改善し、泳ぐ鯉がよく見えるようになりました。藻臭も改善しました。

平成27年7月16日撮影
平成27年12月4日撮影



透明度が悪く、たくさんいる鯉の姿もはっきりと見えません。

鯉の姿がはっきりと見えます。水に清涼感があります。



【その他、その後の様子写真】

平成27年12月4日撮影
平成27年12月4日撮影



アオコの発生で透明度が悪い状態でしたが、透明度が改善し清涼感のある堀池になりました。
水の中の菖蒲の鉢がはっきりと見えるようになっています。

平成27年12月4日撮影
平成27年12月4日撮影



水底まではっきりと見えます。
水底のヘドロが少なくなり、砂地が一部見えてきています。

平成27年12月4日撮影
全景   動画:約25秒



※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。