水環境管理 アクアサービス株式会社 水環境の浄化、養殖環境の改善、農業・栽培環境の改善、排水環境の改善 どうぞお問合せください。





【福岡県T庭園池】
透明度向上・底泥の分解減量・水質改善の目的


令和4年3月23日撮影
令和4年3月23日撮影



北九州市の市街地にある城下の庭園です。
風情と趣がある庭園で、建物内は茶室を楽しめる造りになっています。

水量は約400トン。湧き水を利用した池です。
池の透明度、底泥の分解減量、臭気の改善をします。

令和4年3月23日撮影
令和4年3月23日撮影



水面には油膜が張っています。
また、底泥が堆積しているため、鯉が泳ぐと泥を巻き上げます。

透明度がなく、淀んだ雰囲気です。
清涼感が出るように、簡易型環流ビオトロン方式(BT-100)を導入します。

令和4年3月23日撮影
令和4年3月23日撮影



泥で埋まってしまっていますが、底は石を敷き詰められているそうです。敷石がみえる、きれいな状態にするため、今回は1度、ドロの物理的な除去をしてもらい、底泥分解減量、底質改善の目的でアクアリフト700PNを投入設置します。

管理の担当者様のお話では、来園者がSNSにアップされる写真が池のきれいではないため、写真映えしていないとのこと。
来園者の写真のためにも清涼感のある池の維持が必要です。

令和4年3月23日撮影 令和4年4月26日撮影

全景:約29秒



【簡易型環流ビオトロン方式(BT-100)アクアリフト700PNの設置】

令和4年4月18日撮影
令和4年4月18日撮影



簡易型環流ビオトロンBT-100を設置。
コンパクトで場所を取りません。景観を損ねず、省エネです。

底泥の中の硫化水素を分解し、軽減、維持するため、アクアリフト700PNを投入設置します。



※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。