水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





【山口県 S マグロ養殖場】
赤潮の改善、底質の分解改善、養殖魚の病気予防の目的
[アクアリフト1600PNの使用量 合計60袋]


令和元年5月14日撮影
令和元年5月14日撮影



山口県のマグロ養殖場です。昔はブリの養殖が盛んだった地域です。赤潮防止対策と海底のヘドロの分解改善を目的にアクアリフト1600PNを60袋投入設置しました。

ひとつの生簀が46メートル四方あり、それが15台あり、そのうちの13台が稼働しています。

令和元年5月14日撮影
令和元年5月14日撮影



姿が見えにくいですが、50〜60cmくらいの大きさのマグロがいます。

病気の発生はありませんが、去年の冬に赤潮が発生して被害がありました。今は発生していませんが、梅雨時期にも赤潮が発生しやすいということで、対策としてアクアリフトを投入設置しました。

令和元年5月14日撮影
令和元年5月14日撮影



採泥のポイントでダイバーに潜ってもらいました。ヘドロは1メートルほど堆積しています。採泥したヘドロは硫化物や強熱減量の検査を行います。県でも年に2回の底質検査が行われています。

赤潮の検査のため採水をしています。毎朝検査して給餌をするかの判断をしています。

令和元年5月14日撮影
令和元年5月14日撮影



赤潮(カレニアディジタータ)の細胞数を調べる検査をしています。

生簀周辺の海底にアクアリフト1600PNを投入設置しています。生簀の潮上にも投入設置しました。

令和元年5月14日撮影 令和元年5月14日撮影

全景:約24秒 施工:約33秒












※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。