水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





【福岡県 S病院 浄化槽】
浄化槽の汚泥の減量と臭気の改善、処理能力の向上の目的


平成23年4月19日撮影
平成23年4月19日撮影



浄化処理棟全景
建設後30年が経過。当初3600人槽として計画されて
いましたが、現在は6000人分程の処理を行なっています。

汚泥の減量と臭気の除去のために、
アクアリフト1000PNアクアリフト900LNを設置・散布。

平成23年4月19日撮影
平成23年4月19日撮影



地下にある流入口にアクアリフト1000PNをアミ袋に入れ吊り下げて設置。持続的にアクアリフトのバクテリアを
供給します。

流入口にアクアリフト900LNを散布。
1日に約700tの汚水が処理されています。
臭気が強いです。

平成23年4月19日撮影
平成23年4月19日撮影



調整槽にアクアリフト900LNを散布。
浄化槽施設内の各箇所にアクアリフトのバクテリアを
定着させます。汚水はこの後ポンプアップされ曝気槽へ
送られます。

曝気槽の手前の流量計量槽にアクアリフト900LNを
散布。撹拌されながら曝気槽へ送られます。

平成23年4月19日撮影
平成23年4月19日撮影



アクアリフト900LNを散布した汚水が流入計量槽から
曝気槽に送られます。

沈殿槽。
上澄みは減菌放流ピットへ、汚泥は濃縮槽へ送られ
毎週引抜かれています。この量を減らすのも目的です。

平成23年4月19日撮影 平成23年5月20日撮影 平成23年8月4日撮影
アクアリフト1000PN散布   動画:約1分 その後
その後   動画あり




※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。