水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





■閉じる■


1.使用量の目安はどのくらいですか?
1m2あたり10〜20g程を目安に散布してください。
ただし、状況(散布する土や樹木の状態)によって変わりますので、このくらいの量を目安に効果の様子を見ながら使用してください。
病害が発生していたり、枯れかかっていたり、粘土質の場合は、多めに散布してください。(粘土質の場合は、改善に時間がかかることがあります。)

2.水の希釈濃度はどのくらいですか?
特に希釈濃度は関係ありません。
乾燥している時はバクテリアは休眠状態ですが、水分を含んで初めて活動を始めます。
使用量は1m2あたり約10〜20gですが、溶きやすい水の目安としては、約25〜50g(付属のスプーンで1〜2杯)を約7〜8リットルのバケツの水で溶いて下さい。この場合、約1.2〜5m2散布できます。(1m2あたり約10〜20g)

3.次に散布するのはいつですか?1ヶ月に1回くらいの割合ですか?
頻繁に散布しなくても、一度の散布で定着増殖します。
条件が合えば長期間効果が持続しますが、状況によって異なりますので、また土が固くなってきたり、樹木の生育が悪くなってきた時に散布してください。状況を見ながら、たとえば、1〜2年に1回程度で結構です。その時は初回より少なめの量で定着します。

4.冬でも効果ありますか?それとも春になってから散布した方がいいのでしょうか?
いつでも大丈夫です。
土の中は比較的暖かいので、冬でも充分バクテリアが活動できます。冬に散布しておくと、冬から春までの間に土壌を改善しますので、春には芽吹きの勢いなどの効果が確認できます。

5.撒き過ぎて悪い影響はありますか?
悪い影響はありません。
バクテリアは自然のもので薬ではないので、撒き過ぎることはありません。症状が悪い場所には強めに散布したり部分散布して下さい。

6.水道水を使ってはいけないのですか?
最初にアクアリフトを溶く時だけご注意ください。
水道水に含まれている塩素でバクテリアが死滅する恐れがあります。
井戸水や川の水がない場合は、水道水を一晩汲み置きするか、布かタオルを入れて数回撹拌すれば、水道水でも使用できます。

7.お風呂の残り湯で溶いてもよいとありますが、沐浴剤や入浴剤を入れていても問題ないでしょうか?
問題ありません。
ただし、Q6の中和方法でも使用できます。

8.雨が降っても流れてしまいませんか?
大丈夫です。
散布後、2〜3日でアクアリフトのバクテリアは地中深く浸透し、定着増殖します。
ひと雨降ると、さらに地中深く浸透しますので流れてなくなってしまう事はありません。

9.殺菌剤や石灰は使用してもいいですか?直接混合してはいけないものはありますか?
混合可・・・苦土石灰、貝殻、化学肥料、堆肥、除草剤
混合不可・・・殺菌剤、殺虫剤、燻蒸剤、生石灰、消石灰、石灰窒素
※ただし、「不可」のものも1〜2週間程度、期間をあければ大丈夫です。

10.アクアリフトを散布したのに枯れてしまいました。原因は何ですか?
枯れてしまったと思っていた木が、散布後、数ヶ月後に(それ以上)回復したというケースも多くありますが、症状が進んでいる場合は
間に合わない事もあります。症状によっては土壌改善に時間がかかります。
たとえば枝先を少し折って湿り気が残っていたり、葉がついていたりしていれば、完全に枯れていないと考えられます。この場合は
回復見込みがあります。
散布後、冬時期は葉が落ちたり勢いがなくなったり枯れてしまったとしても、春先になれば新芽を出して回復してくる事も多くありますので、しばらく様子を見られてください。枝も根も、まだ生きている場合があります。

11.松枯れ病、松くい虫などの病気も治りますか?
時間がかかる場合もありますが、改善します。
まず、アクアリフトの菌を土に撒いて吸収させ、土壌を改善します。
また、バクテリアを樹木の体内に取り込む事によって、テリトリー争いで病害菌の増殖を抑制しますので、病気や樹勢回復に効果が
あります。

12.葉や幹にかかっても大丈夫ですか?
問題ありません。
枝や葉にかかっても大丈夫です。モンモリロナイトという粘土鉱物の茶色い色がつきますが、ジョウロやヒシャクで水をかけたり、ひと雨降れば地上に落ちますのでこのままで大丈夫です。枯れることなどありません。

13.苔に対しても効果があるのですか?
苔にも効果があります。緑色が濃くなります。
アクアリフトは茶色い色をしていますので(モンモリロナイトという 粘土鉱物の粉の色です)、その色が気になられる場合は上から水をかけて 頂きますとすぐに落ちます。

14.果樹に1週間間隔で殺虫剤・殺菌剤を散布しますが、散布してもアクアリフトのバクテリアは死滅しませんか?また、どのタイミングでアクアリフトを散布したらいいですか?
散布する時、多めの水で希釈し散布してください。水の量が多いと地下深くまで早く浸透して増殖します。
また、殺虫剤を直接土に散布するのではありませんので殺菌剤の成分が地中深くまで入ることはなく、殺菌剤が薄れる頃に地中から出て増殖するので問題ありません。樹体にも入っています。
アクアリフト散布のタイミングは、1週間の中頃に行ってください。また、ひと雨降ると、地中深く浸透して増殖します。モンモリロナイトの微粒子の一つ一つにバクテリアが棲みついていますので、殺菌剤に対してもそれ程影響を受けることはありません。

15.果樹にはどのような効果がありますか?
樹木の種類を問いませんので果樹すべてに有効です。
糖度、色艶、収量が向上し、樹勢も回復します。
また、果樹自体にもアクアリフトのバクテリアは棲みつきますので、病害菌などを抑制し、環境応答の力がつきます。

16.「アクアリフトT」と「アクアリフトT-M」の違いは何ですか?
内容量の違いです。
「アクアリフトT-M」(500g)は「アクアリフトT」(1kg)のMサイズという意味です。
使用量を1m2あたり10gとして、「アクアリフトT」は100m2(約30坪)散布でき、「アクアリフトT-M」は50m2(約15坪)散布できます。


■閉じる■