水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





■閉じる■
1.使用量の目安はどのくらいですか?
1m2あたり約3〜5g程を目安に散布してください。
ただし、状況(散布する土や作物の状態)によって変わりますので、このくらいの量を目安に効果の様子を見ながら使用してください。
病害が発生していたり、粘土質の場合は、多めに散布してください。(粘土質の場合は、改善に時間がかかることがあります。)

2.水の希釈濃度はどのくらいですか?
特に希釈濃度は関係ありません。
乾燥している時はバクテリアは休眠状態ですが、水分を含んで初めて活動を始めます。
使用量は1m2あたり約3〜5gですが、溶きやすい水の目安としては、約25〜50g(付属のスプーンで1〜2杯)を約7〜8リットルのバケツの水で溶いて下さい。この場合、約5〜16m2散布できます。(1m2あたり約3〜5g)

3.次に散布するのはいつですか?1ヶ月に1回くらいの割合ですか?
頻繁に散布しなくても、一度の散布で定着増殖します。
条件が合えば長期間効果が持続しますが、状況によって異なりますので、また土が固くなってきたり、作物の生育が悪くなってきた時に散布してください。状況を見ながら、たとえば1〜2年に1回程度で結構です。その時は初回より少なめの量で定着します。

4.冬でも効果ありますか?春になってから散布した方がいいのでしょうか?植え付け後でも問題ありませんか?
いつでも大丈夫です。
土の中は比較的暖かいので、冬でも充分バクテリアが活動できます。冬に散布しておくと、冬から春までの間に土壌を改善します。また、植え付け後でも散布可能です。

5.栽培中の作物に散布しても問題ありませんか?
野菜はしっかりとした、色艶・食味・香りの良いものが、花は茎が太く色艶が良く輪の大きいものが育ち、収量も安定します。
栽培中の作物に散布しても同様の効果が現れます。

6.撒き過ぎて悪い影響はありますか?
悪い影響はありません。
バクテリアは自然のもので薬ではないので、撒き過ぎることはありません。症状が悪い場所には強めに散布したり部分散布して下さい。

7.土を鋤き込む必要はありますか?
わざわざ鋤き込む必要はありませんが、どちらでも結構です。
水に溶いて散布しますと地中深く浸透しますので必要ありません。また、ひと雨降ると、さらに深く浸透します。

8.効果はどのくらいで、どのように現れますか?
状況にもよりますが、約2〜3週間で柔らかくなってきます。(粘土質の場合は、改善に時間がかかることがあります。)
次に、土壌に増殖したアクアリフトのバクテリアを作物が根から吸収しますので、色艶が良くなり勢いがつきます。また、食味、色、艶、香りなどの良い作物が収穫できます。

9.水道水で溶いてはいけないとありますが、浄水器の水は使用できますか?
使用できます。
また、水道水しかない場合はバケツなどに一晩汲み置きするか、布かタオルを入れて数回撹拌すると、すぐ使用できます。
お風呂の残り湯でも結構です。

10.お風呂の残り湯で溶いてもよいとありますが、沐浴剤や入浴剤を入れていても問題ないでしょうか?
問題ありません。
ただし、Q9の中和方法でも使用できます。

11.うどんこ病、根腐れ病、ネコブセンチュウなどの病気は改善できますか?
これらは土壌の水はけが悪くなり腐敗による酸性土壌になったところにカビ菌や硫酸還元菌、線虫などが増殖して発生する病気です。
土壌殺菌などの対処法では、地中深く入ったものには殺菌剤が届かないので、その効果が薄れるとまた増殖し始めますが、アクアリフトの場合は水に溶いて散布すると地中深く浸透して定着増殖しますので長期間効果が持続します。
また、アクアリフトのバクテリアは土壌中の有機物を分解して通気性を良くし、バクテリア環境を整えます。
これは硫酸還元菌や有害菌線虫が棲めない環境を作ると同時にアクアリフトのバクテリアがテリトリーをとり、様々な有害菌を増殖させなくするという事です。
状況により、早く増殖していく場合と先住菌との争いに少し時間がかかる場合とがありますが、必ず解決できると思います。

12.他の土壌改良のバイオ製剤と併用しても大丈夫でしょうか?
併用は可能です。
ただしバクテリアは勢力争いをしますので強い方がテリトリーを確保し、弱い者は委縮して活動を停止します。
おそらくアクアリフトの菌がテリトリーをとり、作物にも従来にない反応が出ると思います。

13.殺菌剤や石灰は使用してもいいですか?直接混合してはいけないものはありますか?
混合可・・・苦土石灰、貝殻、化学肥料、堆肥、除草剤
混合不可・・・殺菌剤、殺虫剤、燻蒸剤、生石灰、消石灰、石灰窒素
※ただし、「不可」のものも1〜2週間程度、期間をあければ大丈夫です。

14.野菜にかかっても大丈夫ですか?
大丈夫です。
茶色い色はモンモリロナイトという天然の粘土鉱物の粉の色なのでジョウロやヒシャクなどで水をかけるとすぐに落ちます。
また、アクアリフトのバクテリアはもともと森や林などの自然界に存在する原菌なので害はありません。
野菜や葉が枯れることはなく、安心してお使いいただけます。

15.肥料は施さなくてもいいですか?
肥料は通常通り施されてください。
アクアリフトは肥料ではなく、微生物(バクテリア)の土壌改善剤です。アクアリフトのバクテリアが肥料分を根が吸収しやすい形に分解し、肥料過多になっている肥料分や嫌気層になって硫化物などが 発生している土壌の硫化物もよく分解します。
また、堆肥作りに使用しますと、アクアリフトのバクテリアが増殖した臭いの少ない良い堆肥が出来上がります。
次回からは、戻し堆肥として作ることができます。

16.「アクアリフト300LN」と「アクアリフト300LN-M」の違いは何ですか?
内容量の違いです。
「アクアリフト300L-M」(500g)は「アクアリフト300LN」(1kg)のMサイズという意味です。
使用量を1m2あたり5gとして、「アクアリフト300LN」は200m2(約60坪)散布でき、「アクアリフト300LN-M」は100m2(約30坪)散布できます。

17.「アクアリフトS」との違いは何ですか?
バクテリアの組み合わせの違いです。
「アクアリフトS」は様々な用途に向くように、排水処理・汚水処理のバクテリアおよび土壌のバクテリアが混合されています。
一方、「アクアリフト300LN」は、野菜や花卉など栽培に 良い数種類のバクテリアが多く入っています。
つきましては、栽培専用の「アクアリフト300LN」と比べますと、若干低濃度に なりますが、連作障害にも効果があります。
面積が狭い場合(25m2以下)の家庭菜園や花壇、芝には、「アクアリフトS」でも対応できますが、広い場合や症状が悪い場合は
「アクアリフト300LN」をおすすめします。


■閉じる■