水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





【兵庫県 スキー場 ため池】
透視度の向上、水質・雪の着色の改善の目的


比較

平成29年11月29日撮影
平成29年12月12日撮影



兵庫県のスキー場の敷地内にある人工の雪を作るためのため池です。
水量約10,000トン。

透視度の向上と水質・雪の着色の改善を目的に平成29年11月29日に簡易型環流ビオトロン方式(BT-100)を設置、アクアリフト1600PNを設置しました。

平成29年11月29日撮影
平成29年12月12日撮影



池の水はシルトで茶色に濁っています。

茶色濁りがなくなり透明度が上がりました。

平成29年11月29日撮影
平成29年12月12日撮影



池の水が茶色に濁っていて人工雪を作ったときに雪に色が着いてしまいます。

簡易型環流ビオトロン方式(BT-100)を設置後、透視度が上がり白い雪が出来るようになりました。

平成29年11月29日撮影
平成29年12月12日撮影



透視度が悪いです。

池全体の透視度が上がって人口雪が作りやすくなりました。

平成29年11月29日撮影
平成29年12月12日撮影



全景   動画:約32秒 全景   動画:約29秒



その後

平成29年12月12日撮影


平成29年12月12日撮影
全景  動画:約8秒
人工降雪機です。
雪を作る期間は12月から3月までで、この期間にだけ簡易型環流ビオトロン方式(BT-100)を稼働します。









※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。