水環境管理 アクアサービス株式会社  環境浄化、水質改善、栽培環境、土壌改善のお役に立ちます。





【フィジー 排水処理場】
処理能力の向上、水質・臭気の改善、汚泥の分解の目的


平成29年11月中旬撮影
平成29年11月中旬撮影



ラグーン状の排水処理施設。
6つの池があり、総水量約120,000トン。
処理水量12,000㎥/日。
近年の都市化と都市人口の増加に伴い流入不可が増加し、処理能力不足となり過負荷状態になっています。

嫌気池。
悪臭がひどく、周辺の工場から苦情があがっています。処理水のBODが高く、排水基準をクリアできていません。

平成29年11月中旬撮影
平成29年11月中旬撮影



通性池。
経済的な問題から施設の拡充ができない、設備を管理する技術者が不足している、まだ環境に対する意識が低い、などの問題を解決するものとして、アクアリフトが使用されることになりました。

通性池。
ヘドロが堆積しています。







【アクアリフト900LNの散布】

平成29年11月中旬撮影
平成29年11月中旬撮影



処理池の上流のポンプ場にアクアリフト900LNを散布。
それぞれの池の上流側にアクアリフト900LNを散布。



※当サイトの写真・イラストなど、一切の情報の無断使用・転載・リンクを禁じます。